6月のオンライン市民塾

テーマ「人生100年時代を考える」
新年度が始まって2ヶ月が過ぎた。新入社員の中にはもう転職を考えるものもいるという。3割は3年以内で転職の時代。もはや、一つの会社で定年までという考えはない。常により高いレベルでの自己実現に向けた人生を楽しむ時代か。他方、人生の最後は、遊行期で何物にもとらわれず遊ぶ時代だという。今回は、市民塾一の読書家の中島さんとともに、人生100年時代の生き方を考えたいと思います。